文字サイズ
 
HOME > ライフシーン検索 > 家族を被扶養者にしたいとき(被扶養者認定)

家族を被扶養者にしたいとき(被扶養者認定)

 健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいますが、被扶養者の範囲は法律で決められています。



手続き
 

 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。家族を被扶養者としたいときは、下記の書類に必要事項を記入し、必要書類を添えて、5日以内に健康保険組合に申請してください。

手続書類:

「健康保険被扶養者(異動)届」

※添付書類については異動届の裏面をご確認ください。

※異動があった日から5日以内に提出してください。

● 被扶養者の範囲

 被保険者の収入によって「主として生計を維持されている」75歳未満の下図の親族関係にある人が被扶養者となります。

※「主として生計を維持されている」とは「被保険者の収入により、その人の暮らしが成り立っている」ことをいいます。

ただし、75歳以上の高齢者は後期高齢者医療制度の被保険者となりますので、健康保険の被扶養者にはなれません。


三親等内の範囲−説明図

収入のある認定対象者の認定基準について

 原則として、次の基準に該当すれば「主として被保険者の収入により生計を維持」されていると判断します。

 

1.被保険者と同一世帯にいるとき
  

@

認定対象の年間収入が130万円未満(60歳以上の方や、障害年金の受給要件に該当する程度の障害者である場合は180万円未満)であること。

 

A

認定対象の年間収入が被保険者の年間収入の2分の1未満であること。

2.被保険者と同一世帯にいないとき

 

@

上記1の条件を満たしていること。

 

A

認定対象者の年間収入が被保険者の仕送り額(援助額)より少ないこと。


 

生計維持関係を判断するときの年収には、給与所得、事業所得、老齢年金などの公的年金、失業給付金など、名称を問わずすべての収入が含まれます。なお、上記の基準で判断することが実態と大きくかけ離れ、かつ、社会通念上妥当性を欠く場合には、個別の事情に照らして被扶養者の認定を行います。

● 被扶養者に異動があったとき

 就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が、被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は、被扶養者からはずす手続きが必要です。
  また、被扶養者が75歳になった場合にも、被扶養者からはずす手続きが必要となります。
  くわしくはこちらをご参照ください。>> 「被扶養者からはずすとき」



Q&A
 
Q

国民健康保険に入っている父母を私の被扶養者に移したいのですが?

 
A

 単に給付内容がよいからという理由で、家族を移すことはできません。被扶養者にするためには、被保険者によって実際に扶養されていることが必要です。

 


一つ前のページへ ページの先頭へ
COPYRIGHT © 2015 電設工業健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.