文字サイズ
 
HOME > 病気やけがをしたときは? > 立て替え払いをするとき > はり、きゅう、あんま・マッサージ・指圧にかかったとき

はり、きゅう、あんま・マッサージ・指圧にかかったとき 現金給付

 保険医の同意があった場合に限って、はり、きゅう、あんま・マッサージ・指圧の施術代も健康保険組合から基準料金の払い戻しを受けられます。

 

※2019年5月より償還払いの取り扱いとなります。


● 健康保険が使える範囲

【はり、きゅう

 療養費の支給対象となる疾病は、主に下記の6疾病であり、慢性病で保険医による適当な治療手段のない場合に限られます。

・神経痛
・リウマチ
・頸腕症候群
・五十肩
・腰痛症
・頚椎捻挫後遺症

※神経痛・リウマチ等と同等の慢性的な痛みを主な症状とするものについては上記以外でも認められることがあります。

※支給対象の疾病であっても、同時に同疾病の治療を医療機関で受けている場合は、支給対象外となります。

 

【あんま・マッサージ・指圧

 療養費の支給対象となる症状は、一律にその診断名によることなく、筋麻痺、筋萎縮、関節拘縮等、医療上マッサージを必要とする場合に限られます。

※筋麻痺・片麻痺の緩解措置や関節可動域の拡大等、症状の改善を目的とした医療用マッサージが支給対象となります。疲労回復・慰安・予防を目的とする施術は療養費の支給対象となりません。

※同一疾病により、医療機関で医療上のマッサージを受けている場合は、支給対象外となります。


● 保険医の同意書について

 療養費の支給を受けるためには、支給申請時に保険医の同意書の添付が必要となります。医療機関で保険医の診察を受け、同意書を交付してもらってください。


● 施術期間が6ヵ月(変形徒手矯正術は1ヵ月)を超える場合は再度同意書が必要です

【はり、きゅう

 保険医から同意書の交付を受け、はり・きゅうの施術を受けている患者が、6ヵ月を超えて引き続き施術を受けようとする場合は、再度、保険医の診察・同意書の交付が必要となります。

 

【あんま・マッサージ・指圧

 保険医から同意書の交付を受け、あんま・マッサージ・指圧の施術を受けている患者が、6ヵ月を超えて引き続き施術を受けようとする場合、または1ヵ月を超えて引き続き変形徒手矯正術を受けようとする場合は、再度、保険医の診察・同意書の交付が必要となります。


● 当組合は償還払いを選択しています

 はり・きゅう、あんま・マッサージ・指圧の療養費支給方法は、当健保組合では償還払い(全額立て替え払い)方式となります。
 施術所で費用を全額支払ったあと、必要書類を添付のうえ、当健保組合へ療養費の支給申請を行ってください。


(償還払いの流れ)

償還払いの流れ


手続き
 

 下記の書類に必要事項を記入し、保険医の施術同意書、治療内容の書いてある領収書を添えて、健康保険組合に申請してください。

手続書類:

1.

「療養費支給申請書(はり・きゅう用)」

 

「療養費支給申請書(あんま・マッサージ用)」

2.

保険医の同意書

3.

領収書(原本)

4.

施術報告書(写)(再同意時)

5.

往療状況確認表(往療の施術を受けたときのみ)



● こんなことにご注意ください

 負傷原因や負傷部位等、療養費支給申請書の記載事項に間違いがないか必ずご確認ください。

 健保組合では、申請をされた方に、後日、施術内容などの照会をさせていただく場合があります。みなさまの貴重な保険料を適正に使用するため、照会業務へのご理解とご協力をお願いいたします。


インデックス ページの先頭へ
COPYRIGHT © 2015 電設工業健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.