文字サイズ
 

柔道整復師にかかるとき現金給付

 外傷性が明らかな骨折、脱臼、打撲、捻挫、肉ばなれのとき、健康保険でかかれます。(内科的原因による疾患は含まれません。また、いずれの負傷も慢性的な状態に至っていないものに限られます。)
この場合、建前は本人が代金を支払い、あとで払い戻しを受けることになっていますが、受領委任の協定ができているところでは、保険医にかかるのと同じように保険証を持参してかかれます。
ただし、骨折または脱臼については、応急手当の場合を除き、医師の同意が必要です。

●健康保険でかかれないもの

 

■ 負傷原因がなく、慢性的なもの

×日常生活や老化による疲労や肩こり・腰痛・膝痛・五十肩など

×脳疾患後遺症の慢性病

×神経痛・リウマチ・関節炎・椎間板ヘルニア等の病気からくる痛みやこり

×スポーツによる筋肉疲労や筋肉痛、負傷原因不明の筋肉痛

×症状の改善が見られないまま、長期にわたる漫然とした施術(治療)

×同一の負傷について病院や診療所で治療中のもの


●保険対象外の施術を受ける場合は、全額自費となります。
医療費適正化の一環として 負傷原因の照会をさせていただいております。
ご協力をお願いいたします。


インデックス ページの先頭へ
COPYRIGHT © 2015 電設工業健康保険組合 ALL RIGHTS RESERVED.